【ロシアW杯】日本代表が2大会ぶり決勝トーナメント進出

2018.06.29
ロシアで行われているサッカーワールドカップの1次リーグでグループHの日本代表は引き分け以上で決勝トーナメントに進出する試合でに臨みました。

日本代表は前試合のセネガル戦からスタメンを6人変えて試合に臨んだ。
前半12分、日本にチャンスが訪れ、長友選手のクロスに岡崎選手がヘディングで合わせるもおしくもゴールから外れました。
そのあと、ポーランドの猛攻を受けるが、GK川島選手がスーパーセーブでゴールを死守。
そのまま試合は動かず、スコアレスドローで前半戦は終了。

なんとしても引き分け以上で終わりたい日本は、後半開始直後に大迫選手を投入するも1点が遠いなか、後半14分にセットプレーからベドナレク選手にゴールを決められ0-1に。
その後、乾選手・長谷部選手を投入し巻き返しを試みるが、同時刻で試合を行っているセネガル×コロンビアの状況が変わり、コロンビアがセネガルに勝利することで、日本はセネガルと勝ち点・得失点差で並び、フェアプレーポイント(警告数などで計算する反則ポイント)で上回るので、0-1で負けている状況のなか、後方でボールを回し時間を稼ぐ戦術をとった。
これにより試合は0-1で敗れはするものの、2大会ぶりの決勝トーナメントに進出する事ができた。

この戦術をとった日本に賛否両論が飛び交っているが、次の試合につなげるための苦渋の選択だったのかもしれない。
日本はグループHを2位通過したことにより、決勝トーナメント初戦はFIFAランク3位の強豪国ベルギーとの対戦となった。今大会優勝候補のベルギーを相手にどのような試合をみせてくれるのか。
次の試合は、日本時間の7月3日午前3時から行われる予定。

記事を書いた人 / Writer

S // sin

大阪府生まれ / 自由人
熱中したものには全力を注ぐが、その熱も冷めやすい。そのため、趣味に使うお金は惜しまず気に入った物を購入するも、今ではそのほとんどがクローゼットに眠っている状態。