【W杯】ロシア×スペイン【決勝トーナメント】

2018.07.02
7月1日決勝トーナメントの一回戦ロシア×スペインの試合が行われました。
ロシアは自国開催ともあり、多くのロシアサポーターでスタジアムは埋め尽くされ、完全アウェーのなか、優勝候補スペインはどのような試合展開を見せるのか?

スペインのサッカーはボールを支配し、そこからシュートチャンスを作っていくスタイル。
序盤からスペインが華麗なパス回しでボールを支配すると、前半12分FKからロシアDFの足に当たり、先制ゴール。
ロシアは先制点をオウンゴールという厳しいスタートとなった。

しかし前半40分コーナーキックからヘディングで合わせたボールがスペインDFのピケ選手の手に当たり、ハンドと判定されロシアがPKを獲得。
このPKを決め、1-1の同点に追いつく。
そのまま両者ともにゴールを許さず、前半は1-1で終了。

後半に入っても、スペインのボール支配するもロシアの守備を崩しきれず、追加点のないまま後半も終了し、延長戦へともつれこんだ。
延長前後半でもお互い一歩も譲らず、最後はPK戦へと突入し、PK3-4でロシアが優勝候補スペインを破る波乱の幕開けとなった。

記事を書いた人 / Writer

S // sin

大阪府生まれ / 自由人
熱中したものには全力を注ぐが、その熱も冷めやすい。そのため、趣味に使うお金は惜しまず気に入った物を購入するも、今ではそのほとんどがクローゼットに眠っている状態。