【W杯】日本代表 初のベスト8進出ならず【決勝トーナメント】

2018.07.03
7月3日3:00にベスト8進出をかけた日本×ベルギーの試合が行われ、日本代表はこれまでの最高成績ベスト16を上回る事ができませんでしたが、優勝候補のベルギー相手に2得点と奮起しました。

2大会ぶりの決勝トーナメントに進出した日本代表はベルギー相手に、前半から果敢に攻める姿勢を見せますが、決定打にはならず。
ベルギーの猛攻を受けるも、チーム一丸となりゴールを死守し、前半はスコアレスドローで折り返しました。
試合が動いたのは後半3分、柴崎選手のスルーパスに原口選手が右足を振りぬき1-0とし、その直後の後半7分には乾選手の正確なミドルシュートが見事決まり2-0とし大きくリードしました。
ベルギーの猛攻もGK川島選手が好セーブで失点を防ぎますが、後半24分、29分と立て続けにゴールを決められ、同点に追いつかれた。
このまま延長戦に突入かと思われた瞬間のアディショナルタイム4分、日本のコーナーキックからカウンターを決められ2-3で逆転負けとなった。

記事を書いた人 / Writer

YU // yu-suke

漫画やアニメ、ゲームが大好きで特に主人公無双系を愛好。家で映画を見るときは昼でもカーテンを閉めて家を真っ暗にしながらポップコーンを食べながら見るのが大好き。面白そうな内容であればジャンル問わず興味津々なアラサーです。